visaデビットカードの使い方。クレジットとの違いは?

visaデビットカードの使い方ですが、とくに難しいものではありません。クレジットカードのvisaが使える加盟店であれば、デビットカードはクレジットカードと全く同じように利用することができます。カードを渡してサインまたは暗証番号を入力すれば利用できることもクレジットカードと全く同じです。
ただし、visaデビットカードはクレジットカードそのものではありません。違いももちろんあります。最大の違いは、クレジットカードの場合は支払いを先延ばしにすることができること、言い換えれば、買い物をした時点ではカード会社がお金を立て替えてくれていることが挙げられます。一方で、visaデビットカードの場合は支払いは先延ばしではありません。買い物をするその時点で、自分の銀行口座からお金が引き落とされるのです。決済の時期が異なるのです。
決済の時期が違っても、支払うべき金額というのは基本的に同じなのですからたいした違いではないように思えるかもしれませんが、ここには実は大きな違いがあります。一旦お金を立て替える以上、クレジットカードには審査があります。立て替えたお金を本当に後で支払ってくれる人なのかどうかが審査され、それにパスした人にしか発行されません。これに対してデビットカードというのは審査がありません。自分の銀行口座から買い物の時点で引き落とされ、もし残高が不足していれば決済ができないだけのことですから、カード発行会社にはリスクがなく、そのため審査の必要がないのです。